エゾアワビのステーキ

生で食べるとコリコリとした強い食感が特徴のエゾアワビ。

火を通すと生とは一味違った柔らかな食感と、口の中いっぱいに広がる濃厚な旨味が際立ちます。

開花屋ではより旨味を強く感じていただけるよう、バター醤油に肝を加えたソースをからめて、アワビの味を存分に引き立てたステーキでご提供致します。

江戸前オイスター

千葉県富津市の新富津漁協で、4年前から養殖が始まった「江戸前オイスター」。

さまざまな河川が流れ込み、栄養豊かな東京湾で育った牡蠣は、クリーミーで甘く、ぷりっと肉厚な身がぎっしり詰まっていて濃厚な味わいです。

秋から冬が旬の江戸前オイスター、やみつきになること間違いなしです!

房総産伊勢海老

房総産の伊勢海老は、実が詰まっていて濃厚で甘みが強く、お刺身で食べるとねっとりとした舌触りが絶品。

新鮮なので臭みもありません。

また、焼くと身からふわっと甘い香りが!焼くことで弾力が増し、噛むごとに甘みが口の中に広がります。

開花屋では高値で取引されている、旨味が濃く身が締まった250gから300gの伊勢海老を提供致しております。

エゾアワビのステーキ

日本海沖で獲れたエゾアワビ。高級食材のクロアワビの北方系亜種で、見た目も食味もとても似ていると言われています。

生で食べるとコリコリとした食感がたまりませんが、火を通すことでとても柔らかくなり、旨味も強くなります。

開花屋ではステーキでご提供致しますので、ぜひご賞味下さい。

南房総産の伊勢海老

伊勢海老と言えば、三重県産を思い浮かべる方も多いかもしれませんが、実は南房総は漁獲量が全国1位になったことがあるほど、日本で有数の伊勢海老の産地なんです。

南房総産の伊勢海老は、身が詰まっていて甘みが強く、お刺身はもちろん焼いてもとても美味。

開花屋ではお刺身、鬼殻焼きでご提供致します。

開花屋のうな重

8月4日(木)は、二の丑です。

夏の土用の丑の日に鰻を食べる風習は江戸時代からみられるそうです。

毎日うだるような暑さが続いていますので、スタミナ満点の鰻を食べて、夏を乗り切りましょう!

開花屋特製うな重

いよいよ、土用の丑の日が近づいてまいりました。

開花屋特製・香ばしくふっくらと焼き上げたうな重のご予約特典は明日、22日(金)まで!

続々とご予約のご連絡を頂いております。

明日まででしたら、特別価格でお買い上げいただけます。

この機会に、ぜひ開花屋特製のうな重をお召し上がりください!

土用の丑の日は開花屋のうな重で!

今年の土用の丑の日は、7月23日(土)と、8月4日(木)です。

毎年ご好評いただいております、開花屋特製のうな重を今年も販売致します!

濃厚な旨味のたまり醤油と芳醇な長熟みりんをベースに、軽く炙った骨を加えて作られた、こだわりの独自配合のタレ。

この秘伝のタレを繰り返しつけて焼き上げた、開花屋自慢の逸品です。

7月22日までにご予約して頂きますと、特別価格1850円(税込1998円)でご提供致します。

スタミナ満点のうなぎで、暑い夏を乗り切りましょう!

15周年ありがとうございます。

平素は格別のご愛顧を頂き、誠にありがとうございます。
開花屋はこの度15周年を迎えることになりました。
これもひとえに皆様のご支援の賜物と感謝しております。
これからも皆様にご満足頂けるよう精進して参りますので、今後ともよろしくお願い致します。
 
15周年を記念いたしまして、極上地金目の刺身、煮付け、江戸前穴子の天ぷらなどを感謝価格でお召し上がりいただけます。
ぜひこの機会にお召し上がりください。