採用希望の方は 0438-30-6255 エントリーフォーム
先輩紹介
(株)グルーヴのご紹介
社員育成プラン
社員育成プラン
社員育成プラン
社員育成プラン
社員育成プラン

ENTRY エントリーはこちら
インタビュー 今野 正善 和伊の介 店長 お客様との距離感が近いので、毎日仕事を楽しめます。接客や調理から経営までしっかり学べる会社です

———㈱グルーヴへ入社した経緯から教えて下さい。

27歳まで東京で飲食の仕事をしていたんですが、ブラックバス釣りが好きで、お休みの度に房総へ釣りに来ていたんです。その帰りに気になる飲食店でご飯を食べることが、自分のルールになっていました。 「どでかっちゃん」や君津の「和伊の介」に行った時に、接客がフランクでお客様との距離が凄く近いお店だなという印象を受けました。そして、調理場から聞こえてくる威勢のいい声ですね。
特にお客様との距離が近い接客というのは、信頼がないと出来ませんので、「これはすごいなあ」と感じていました。それが入社する一番の決め手です。
例えば、自分の真横で、スタッフとお客様が普通に世間話をしていたりとか、帰りに出口の外まで出て、丁寧に頭を下げて「ありがとうございます」など、かなり印象に残りましたね。結構、食べ歩くの好きでいろいろな飲食店へ足を運びましたが、この2つは今でも覚えています。
そして、東京にいた当時、付き合っていた人(奥様)の実家が君津で、休みの日は釣りもしたいとの思いもあり、安易な考えで木更津へ引越して来ました。(笑)
東京のイタリアン・レストランで調理と接客も経験していましたが、お客様との距離はそれなりにあるというのを感じていて、自分の中でもっと踏み込んで仕事をしてみたいという気持ちが大きくなり、インターネット・ホームページを見て応募しました。


———入社後の刺激を受けた点はありますか?

飲食店は厳しいというのは分かっていた事ですし、中途採用だったので特に厳しさは感じなかったですね。
最初は「和伊の介」君津店に調理希望で入りましたが、4ヶ月間はホールの仕事をしました。
入社後、最初に感じたのは、房総ならではの魚料理の豊富さに驚きました。お通しでお刺身を出したり、1回の仕入れで12kgとか、魚の種類と量は経験したことがなかったです。魚の扱いは、入社してから学びました。
また、先輩から「常に物事は頭で考えろ」と教えてもらいました。「どうしてこうやってやるのか?自分で疑問を持たない限り、成長はないぞ」というのを最初に叩きこまれました。入社した頃は、「どうしてこんな風にお客様は求めてくるんだろう?」とかを毎日考えていました。
自分の中で衝撃だったのは、アルバイトが、きちんと考えて働いている姿です。社員なら理解できますが、アルバイトが「お客様が待っているのでこちらの料理から出して下さい」とか、自分でしっかり考えて飄々とこなしていたのには、刺激を受けました。ですからアルバイトが、お客様と近い接客をしている時には、常にお客様の動きとか、話してる言葉使いなどを見て吸収しようとしていましたね。
「自分はお客様と接することが好き」ということを転職して気付きました。東京にいた時は接客は嫌いだったんです。子どもの頃から人と接するのが苦手で、顔が真っ赤になったりするので、料理も黙々と作るタイプでした。ところが接客を4ヶ月経験していくうちに、「内向的な部分を変えたい」という気持ちがあったので、少しずつ変わっていきました。

 
常になぜ?どうして?と、柔軟なものの見方で自ら取り組む

———入社後1年で店長になった理由は、どこにあると思いますか?

自分で感じているところは、入社後、店長のところへ行って「この仕事は何なんですか?」とよく聞いていたんです。別に店長になりたくて聞いていたわけでなく、仕事として上司がやっていることに興味や疑問を持ったからなんです。
例えば、「この数字はどうして40なのですか?」とか。ずっと続けて聞いていたので、自分が店長になってからも、抵抗なく店長の仕事は受け入れることができました。
自分では、数値を分析しているとは思ってなかったんですが、見ている目線が分析になっていて、そういう点において評価頂けたのではないかと・・・。「なぜ?」「どうして?」というのが、分析だったんでしょうね。
正直数学はすごい嫌いでしたが、今仕事としてパーセンテージとか、お店に関する数値は、パッと見て大体分かるようになってきたと思います。
何より、物の見方を固定化しないというのが自分の考え方なので、「Aというやり方があったら、それ以上の方法があるんじゃないか?」という見方を常にしています。
例えば、自分がホールに出ていて、ふと「あのやり方はこうした方が良いかな、こうした方が速いんじゃないか」と気づくことが多くなり、特に店長になってからは、客観的に見るようになりました。
営業面は、積極的に取り組んでいます。きっかけは、天野社長に「営業に行ってみれば」と言われ、最初はやり方がわからなくて、門前払いばかりでした。
そこで、営業と考えずに、「和伊の介を知って頂こう」と発想を変えて、今まで背広だったものを、コック服に変えて飲食店というのをアピールしました。
また、送迎サービスを行っているのですが、「どこへ迎えに行ってる率が高いのか」を自分で分析して、そこに営業に行けば、さらなる集客が見込めるのではないかと仮説を立ててやってみました。
例えば「ご予約は今野まで」と名刺を置いてくるだけなんですけど、そこに「急でも構いませんので、迎えに行きます」と、へたな字ですが手書きで一言書くようにしたんです。あるいは、趣味が釣りの人には、「この間釣りに行きましたよ、今度お話しましょう」とか、書くようにしています。
その結果、お客様が会社帰りにお店に寄ってくれるようになったり、「今から、お店に行くんですけど、店長さんいる?」と電話をかけてくれる方も多くなってきました。
自分は、下のスタッフへ「あれやれ、これやれ」と言う性格ではないので、まず自分が積極的に行動しています。そうすると、お店の中で「自分たちも行ってみようか」という雰囲気が生まれ、最近では、みんなが自然にやるようになってきました。
子どもがいるスタッフも多く、かかり付けの病院とかに「ちょっとチラシを持っていきたいんですけど、いいですか?」と、本人は営業と思っていない感覚で行動するようになり、こうした努力を自分達で進んでやるようになってきましたね。


———店長の一日の平均的なタイムスケジュールを教えて下さい。

お店は2部構成のシフト制になっていますので、早い出勤は10時からお店に出て、11:30までお昼の仕込みをやり、ランチは11:30~14:00のラストオーダーまで。そこからディナーの仕込みを1時間、17:00からディナーに向けて22:00がラストオーダーです。


———職場の雰囲気を教えて下さい。

和伊の介の社員の中で自分が一番年下なので、休憩中はアルバイトも社員も関係なく、結構にぎやかに世間話からプライベートまで話します。お休みの時もスタッフ同士で出かけるケースも多いですね。
仕事中はやはり年齢が近いだけあって、「あれ手伝って」とかいう声を掛け合っています。ホールとキッチンスタッフ同士の壁がないという雰囲気で、自分もホールが落ち着いたと思ったら、調理に入ったりしています。
スタッフそれぞれ考えていることがありますから、仕事が終わって食事をした時などに、意見が出たりしますね。仕事中にもかかわらず、「ひらめいたんで、後でメモを置いとくので見て」とか。そういうのが結構多くなってきました。
天野社長から「何事にも理由があるんだよ」と、店長になってからよく言われるようになりました。最初の頃は、社長との受け答えに詰まってしまったことが結構ありましたが、自分が応えられるようになってからは、今度は自分が下のスタッフへ「なぜ?」「どうして?」と3ヶ月ぐらいは繰り返し訓練していたら、みんなの考えがまとまるようになってきました。今では自分がいない所でも、スタッフ間で「何で?」と聞こえてきたりしています。

 
親しみやすい、身近に感じて頂けるような工夫をしました

———店長になって一番苦労したこと、一番嬉しかったことを教えて下さい。

やはり店長になった時は、心構えもできていないというのも正直ありました。
仕事の中身は、前店長さんを見ていたので、自分なりに理解しているつもりだったんですけど、天野社長とのやり取りで、「どうして言われたんだろう?なぜ?なぜ?」と、毎日が疑問の連続でした。
店長と営業の業務を兼務しているので、気持ちの整理の面で戸惑いはありました。ただ、1つずつ整理していくと、小さくまとめて考えられるようになったので、気持ちの整理がつくようになり、店長も営業の業務も、とんとん拍子で進むようになりましたね。
また、先輩スタッフの方とのコミュニケーションでも、最初は四苦八苦でした。どうやれば認めてもらえるか?・・・ 答えは、自分が人より動いて、「忙しい時だから頑張るぞ」と、全スタッフへ向けて元気を出すしかないと思い、やり続けてきたことが、少しずつ認められたのかなぁと思います。

仕事をして楽しいと感じるのは、プライベートな事を話すお客様が増えた事です。結婚したとか、子どもが生まれたとか・・・極端な話、自分に話さなくてもいい事を、お客様が気軽に話してくれるということは、最初に入社した時の理想でしたので、これは「理想に近づいてきているな」と手ごたえを感じています。アルバイトやスタッフにも、話しかけてくれるお客様がいますからね。嬉しいですよ。

 
親しみやすい、身近に感じて頂けるような工夫をしました

———グルーヴの魅力について

外部のセミナーがあり、10数種の研修コースに分かれている中から、自分の受けたいセミナーを選んで参加できるというのは、勉強になります。
前の会社では、一切研修などなく、自分が成長したいと思っても人から聞くしかないという状況だったんです。
こうしたセミナーや研修は、かなり魅力だと思いますね。自分が成長しようと思えば、 伸びしろが増えると思います。
豊富なテーマのメニューをスタッフ全員が受ける環境があり、自分が苦手だと思うものに参加できるので、面白くてしょうがないですね。 そこで学んだことを実際に実践して、下のスタッフから「なんでこういうことを急にやり出したんですか?」と質問が出たりするので、そこでスタッフへ教えたりしています。
また、スタッフが参加する時には「楽しんでこいよー」と必ず言います。「仕事だと思うと身に入らないから、楽しんで吸収してきなさい」とアドバイスします。
最後に天野社長が「自分の意思を尊重してくれる」点は心強いです。
社長とのやりとりで納得してもらえると、自分のやりたい事がそのまま仕事につながります。これは、今までの飲食店ではなかった経験です。
その反面、抱える責任も大きくなるとは思いますが、やりがいはあります。自分達がやりたいと言って、社長が認めてくれるので、「120%の力でやらなきゃ」と常に思っています。


———グルーヴで実現したいこと(夢や目標)について、聞かせて下さい。

店長になって「こういう風にお店って成り立ってるんだ」と考えるようになり、お店の経営という感覚が少しずつ理解できるようになってきました。
だから今度は「新店のオープンから携わってみたい」という思いがあります。
自分は未経験なので、「お店を立ち上げるってどういうことなんだろう?どうやってお店が作られていくのだろう?」というのを経験してみたいですね。例えば、「何でこの場所にするのですか?」と、出店を決めるところから聞いてみたいです。


———就職先としてグルーヴを考えている方に一言メッセージを。

「自分はこうしたいです」という考えを持っている、自立心の強い方がグルーヴに向いていると思います。また、仕事を仕事と捉えてしまうと「やらされている」という気持ちが顔に出て、お店の雰囲気が変わってしまうので、そういう方は向いてないと思いますね。逆に「自分で考えて仕事を楽しめる人」であれば、グルーヴで十分に成長できると思います。そんな方を待っています。

 
トップページに移動
ページ先頭に移動